どんな夫婦喧嘩をしても、会話し続けることがコツ!じゃないとマジで離婚です。

我が家ではよく「○○されたら困るから、もうしないでね」「わかった」というような会話をします。
大抵は、夫が出したものを片づけないとか、口の悪い夫の言い回しが余りに気に障るので、もうしない、と約束してもらうとか、些細なことです。

しかし、我が家の夫は約束したことを必ずと言っていいほど忘れます。
私が本気で起こり、ごめん、もうしないから!とその時はたぶんその気になって約束するのですが、しばらくすると元通りになります。
当然、私は「この前あんなに言ったのに!」と言って怒りますが、そうなると夫もムキになり言い返してきます。
喧嘩の後はしばらく口をきかない状態になりますが、そのうちどちらからともなく「(喧嘩のことについて)話し合う?」という感じで声をかけ、仲直りに至ります。

私があるとき、約束したことをどうして平気で破るのかと夫に真剣に聞いてみたのですが、「怒られたことについてあまり深く考えられずどうしてもやってしまう。やらなければいいと思うんだけど、自分にはどうしても無理なことらしい」と言われ、何だか諦めがつきました。

どうしてもここは嫌だ、直して欲しい、とこちらもしつこく考えていましたが、あまりにそこに固執するより、夫のほかのいい面を見よう、といい意味で踏ん切りがついたのです。
浮気や暴力のような、決定的に二人の仲を壊してしまうようなことでもなし、目をつぶってもいい、と寛大に構えることにしました。
ところで、上記に「何となく話し合っているうちに仲直りする」と書きましたが、夫婦の間に会話があるということはとても大切なことだと思います。

よく、何日も何週間も無視をし続けている、というご夫婦の話を聞いたりしますが、コミュニケーションがなくなったらどんな人間関係もおしまいだと思います。
夫婦ですから、深刻な喧嘩をすることもあるでしょうが、最後まで相手を理解するために、会話を続けよう、とした方がいいと思います。